もたげ)” の例文
この障礙はに抽斎の経歴を叙して、その安政中の末路に近づいた時、早く既にげて来た。これからは、これが筆端に纏繞して、うべき拘束を加えようとするであろう。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
和尚が長い頭巾のを、木菟むくりとると、片足を膝頭へ巻いて上げ、一本のをつッかえ棒に、黒い尻をはっと振ると、組違えに、トンと廻って、両のを、はったりと杖にいて
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
木挽町五丁目辺の或る待合へ、二三年以前新橋芸妓某が、本町辺の客をえ込んで、泊った事が有った、何でも明方だそうだが、客が眼を覚して枕をると、坐敷のに何か居るようだ
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)