“掘取”の読み方と例文
読み方割合
ほりと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
發見したのは、明治四十の四で、それは埋立工事ゐるに、土方掘取らうとして、偶然其怪窟掘當てたのであるが、から人骨武器玉類土器等たので