“抜上”のいろいろな読み方と例文
旧字:拔上
読み方(ふりがな)割合
ぬけあが66.7%
ぬきあが33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抜上”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鼻筋の通った円顔は白粉焼おしろいやけがしているが、結立ゆいたての島田の生際はえぎわもまだ抜上ぬけあがってはいない。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
一体少し師匠は額の処が抜上ぬけあがって居るたちで、毛が薄い上にびんが腫上っているのだから、実に芝居で致すかさねとかお岩とか云うような顔付でございます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
――青膨あをぶくれの、ひたひ抜上ぬきあがつたのをると、南無なむぱう眉毛まゆげがない、……はまだ仔細しさいない。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)