“幾層倍”の読み方と例文
読み方割合
いくそうばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、見物たちよりも、幾層倍の驚きにうたれたのは、本人の江川蘭子であった。夢中に歌いつづけていた時、突然、立っている床が、足の下から消えてゆくような衝撃を感じた。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
こういう大大名のうしろを持っている彼らのかたき討よりも、無名の匹夫匹婦のかたき討には幾層倍艱難辛苦が伴っていることと察しられるが、舞台の小さいものは伝わらない。
かたき討雑感 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
また吾等大空鳴響くあの奏樂も、雲雀ではいとはう。にたいよりも此處たいが幾層倍ぢゃ。さ、よ、れ、んでへう! それがヂュリエットのぢゃ。