“大大名”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおだいみょう75.0%
だいだいみょう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわち北条時政とか、畠山重忠とか、梶原景時とかいうような、一国或いは数国を領する様な大大名おおだいみょうになってしまった。
源頼朝天下の政権を掌握するに及んでは、国法上では賤民である筈の源氏の家人等は、事実は一国或いは数国の守護となり、或いは多くの公領荘園の地頭となり、いわゆる大大名おおだいみょうとなった。
賤民概説 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
こういう大大名おおだいみょうのうしろだてを持っている彼らのかたき討よりも、無名の匹夫ひっぷ匹婦ひっぷのかたき討には幾層倍いくそうばい艱難辛苦かんなんしんくが伴っていることと察しられるが、舞台の小さいものは伝わらない。
かたき討雑感 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「おれかい、おれはさ、もと鼻かけ卜斎ぼくさいという鏃鍛冶やじりかじのとこにいた、人無村ひとなしむら蛾次郎がじろうという者だが、どうも卜斎という師匠ししょうが、やかまし屋で気にくわないから、そこを飛びだして、いまではあるところの大大名だいだいみょうのおかかえさまだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)