“だいだいみょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大大名50.0%
大諸侯50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おれかい、おれはさ、もと鼻かけ卜斎ぼくさいという鏃鍛冶やじりかじのとこにいた、人無村ひとなしむら蛾次郎がじろうという者だが、どうも卜斎という師匠ししょうが、やかまし屋で気にくわないから、そこを飛びだして、いまではあるところの大大名だいだいみょうのおかかえさまだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
でもね、槙村さん、大諸侯だいだいみょうの持もの御秘蔵というのが出るんですから、衣裳いしょうには立派なのがあります。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)