“崇峻”の読み方と例文
読み方割合
すしゅん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのおあとには、継体安閑宣化欽明敏達用明崇峻推古諸天皇がつぎつぎにお位におのぼりになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
蘇我物部両族の争いにとどまらず、穴穂部皇子宅部皇子の悲しむべき最期があり、物部氏の滅亡についで、には崇峻天皇に対する馬子等の大逆すら起っている。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
蘇我氏は、人をつかって天皇崇峻を殺させた。それは、蘇我氏から見れば、自衛の行動であった。もとをただせば、天皇崇峻が蘇我馬子を殺そうと企てたからであった。