“継体”の読み方と例文
読み方割合
けいたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのおあとには、継体安閑宣化欽明敏達用明崇峻推古諸天皇がつぎつぎにお位におのぼりになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
第二十六代の天皇継体の時代には、筑紫磐井が反抗した。
君も継体の君に
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)