“崇拜”の読み方と例文
新字:崇拝
読み方割合
すうはい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されてゐますが、ことに土偶がたくさんにありますのは、この時分にはさまを崇拜したゝめにつたものだといふ學者もあります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
江戸の遊女崇拜が、此處まで宗教的になつて來ると、八五郎一人が異端者であるわけもありません。
ところが自分志村崇拜しない、ろといふ意氣込りとげんでた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)