“夜頃”の読み方と例文
読み方割合
よごろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むづかしげに暮山りし雲は、果して雨と成りて、冷々密下るほどに、宵の燈火も影けて、壁にふ物の形皆寂く、ひに起きて在るべき夜頃ならず。さては貫一もに就きたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「あれ聞き給へ。此宿はこゞゐの森にもあらぬを、この夜頃たえせず声の聞ゆるが上に、ひるさへかく」と打出したれば、友はときがたきおもゝちして、「何をかのたまふ」とたゞに言ふ。
すゞろごと (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
星はいでたり、夜頃來て
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)