“土瀝青”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
チヤン100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“土瀝青”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私は炊煙の立ち騰る都会を夢みはしない——土瀝青チヤン色の疲れた空に炊煙の立ち騰る都会などを。
秋の悲歎 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)
かほよ少女をとめ巴里パリーまねびのよそほひしたる、彼も此も目を驚かさぬはなきに、車道の土瀝青チヤンの上を音もせで走るいろ/\の馬車、雲に聳ゆる楼閣の少しとぎれたるところには
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)