“唐紗羅紗”の読み方と例文
読み方割合
たうざらさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばめ言語せし結構の座敷にて唐紙は金銀の張付にて中央には雲間縁の二け其上に紺純子の布團を二ツらに同じ夜具が一ツ唐紗羅紗掻卷ツありの左右には朱塗燭臺
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)