“品数”の読み方と例文
旧字:品數
読み方割合
しなかず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「私も品数を教えて上げません。告訴はあなたが御自分でなさるんですから、私は書いていただかないでも困りません」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その時分には、ない品数は、ますますなくなって、完全なものとては、だれか、利助作品していたごく少数家庭されたものか、また
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「そういたしますには、ずいぶん日にちがかかります。それに、たいへんな品数でございますから、ならべるだけでもたくさんのおへやがいりまして、こちらさまのおではとてもそれだけの場所はございません。」