“北洋”の読み方と例文
読み方割合
ほくやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日郡司大尉短艇遠征を送るに、ねて此壮図随行して其景況びに千島模様しくりて、世間報道せんとてら進みて、雪浪萬重北洋職務にものともせぬ
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
友人北洋主人(蒲原郡見附の旧家、文をこのみ書をよくす)の寺をたるに、本堂間口十間、右に庫裏、左に八に五間の禅堂あり、本堂にいたるの左りに鐘楼あり、禅堂のうしろに蓮池あり。
友人北洋主人(蒲原郡見附の旧家、文をこのみ書をよくす)の寺をたるに、本堂間口十間、右に庫裏、左に八に五間の禅堂あり、本堂にいたるの左りに鐘楼あり、禅堂のうしろに蓮池あり。