“剣把”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんぱ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“剣把”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
剣把けんぱをたたくと、人々は、もうふるえあがって、唯々諾々いいだくだくと、彼の命のままうごくしかなかった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、階下を見ると、その人、身の丈は長幹の松の如く、髯の長さ剣把けんぱに到り、臥蚕がさんの眉、丹鳳たんほうまなこ、さながら天来の戦鬼が、こつとして地に降りたかと疑われた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)