“剣把”の読み方と例文
読み方割合
けんぱ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一して、風を断てば、剣は啾々と泣くのだ。星いて、剣把から鋩子までを俯仰すれば、朧夜の雲とまがう光のは、みな剣の涙として拙者には見える」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、階下を見ると、その人、身の丈は長幹の松の如く、髯の長さ剣把に到り、臥蚕の眉、丹鳳、さながら天来の戦鬼が、として地に降りたかと疑われた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
剣把をたたくと、人々は、もうえあがって、唯々諾々と、彼の命のままうごくしかなかった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)