“利休形”の読み方と例文
読み方割合
りきゅうがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
房の切れた、男物らしいのを細く巻いたが、左の袖口を、ト乳の上へしょんぼりとき込んだの下に、利休形煙草入の、裏の緋塩瀬ばかりが色めく、がそれもせた。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
怖々って縁側伝いに参りまして、居間へ通って見ますと、一間は床の間、一方地袋で其の下に煎茶の器械が乗って、桐の胴丸小判形の火鉢に利休形鉄瓶が掛って
その時まだ「出」の姿で居たといえば、水車の裾模様を二枚重さねて、帯は吾妻錦、襦袢紋壁にしおぜの白半襟、芸子髷に金の竹輪を掛け、花笄に平打の銀簪、櫛は白鼈甲利休形
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)