“千利休”の読み方と例文
読み方割合
せんのりきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてまた当時において秀吉の威光を背後に負いて、目眩いほどに光り輝いたものは千利休であった。勿論利休は不世出の英霊漢である。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
千宗易(後の千利休)も、その一軒であった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何の事は無い勝利に定まっている碁だから煙草をふかして笑っているという有様だ。茶の湯の先生の千利休などを相手にして悠々と秀吉は遊んでいるのであった。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)