“兵営”の読み方と例文
旧字:兵營
読み方割合
へいえい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
徴兵の三年を朝鮮の兵営ですごし、除隊にならずにそのまま満州事変に出征した彼の長兄が、最近伍長になって帰ったことが正をそそのかしたのだ。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
二年三年の兵営生活で大分世慣れ人ずれて来た丑之助君が、羽織袴、靴、中折帽、派手をする向きは新調のカーキー服にギュウ/\云う磨き立ての長靴、腰のしいのを気にしながら
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
兵営高塀歩哨銃剣とはお連絡ってしまった