“人喰”の読み方と例文
読み方割合
ひとく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして始末が悪いことには、うっかりその上を歩きかけると、人喰い沼のように何処までもずぶずぶと体がまれて行くのである。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「すばらしい発見だ。和島丸の船員が、このボルク号の中にいた。人喰は、もう全部やっつけた!」
幽霊船の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
白粉べつたりとつけて人喰く、かくてはやらしきなり、おばれたるは中肉背恰好すらりつとして大嶋田わらのさわやかさ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)