“人喰虎”の読み方と例文
読み方割合
ひとくいどら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次の朝だ暗いに出発しようとしたところ、駅吏が言うことに、これから先の道に人喰虎が出る、旅人は白昼でなければ、通れない。今はまだ朝が早いから、今少し待たれたがしいでしょうと。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)