“世代”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せだい50.0%
せよ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“世代”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
世代せだい毒茸どくたけ
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十二月十三日に蘭軒の姉幾勢きせ、黒田家の奥に仕へた時の名世代せよ薙染ちぜん後の称正宗院が八十一歳を以て丸山の家に歿した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
中島さんの言に拠るに、墓に刻んである幾勢の俗名は世代せよである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)