“一世一代”の読み方と例文
読み方割合
いっせいちだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
または古人が一世一代の名作といわれた細工物はいかにお上の御趣意とは申ながらむざむざと取壊されるがいかにも無念で相なりませぬ。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
これはもう博士になる一世一代の試験をする大問答ですから、われ劣らじと一生懸命に問答をやるです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
これはどういう事実だと聞くと、長年このをやッていた船頭が、もう年を取ッたから、今度息子を譲ッて、いよいよ隠居をしようという、このが老船頭、一世一代漕納だというんだ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)