“不撓不屈”の読み方と例文
読み方割合
ふとうふくつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どんな目に会ったってこの不撓不屈ふとうふくつの精神がにぶるものか、そう思って帰るが否や、ただちに藩の有力者に会ってつぶさに時勢の将来を説いた。
青年の天下 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
戦衣を解かないでいる理由を六ヵ条にわけてしるし、不撓不屈ふとうふくつ、ただ先帝の遺託いたくにこたえ奉るの一心と国あるのみの赤心を吐露とろし、その末尾の一章には
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
追いだされる、不撓不屈ふとうふくつ、ついに疲れて自然にノビてしまうまで、くりかえす。これも成功の見込みはない。
オモチャ箱 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)