“百折不撓”の読み方と例文
読み方割合
ひゃくせつふとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
耶蘇教をチベット人に伝えようとして百折不撓の精神をもって、熱心に布教に従事して居られるのは実に感服の至りであるけれども
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
三位から討幕の秘計を諄々と聞かされてみると、今度はその内容に於て、実際恐れ入った、我々の考えている以上の周密と、思っている以上の大胆と、百折不撓の決心を持っておられるには驚いた。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)