“不合理”の読み方と例文
読み方割合
ふがふり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等彼等に、不徳義男女としてづべくに、不合理男女として、不可思議つたのである。其所言譯らしい言譯にもなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
過去姓名順位にならべ、現在逆轉してならべるといふがきは勿論不合理であるばかりでなく、實際においてその取扱することになる。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
よく考へてみるまでは何とも申されませんわ。反省してみて、若し私が大變に不合理なことを