“一呵”の読み方と例文
読み方割合
いっか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と一声高く、頭がちに一呵しつ。驚破といはば飛蒐らむず、気勢激しき軍夫らを一わたりずらりと見渡し、その眼を看護員に睨返して
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
又は一点の機微に転身をやしたりけむ、忽然衝天の勇をひ起して大刀を上段真向に振りり、精鋭一呵、電光の如く斬り込み来るをりと避けつゝと打つ。竹杖のまたず。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と伝内は一呵せり。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)