“一気呵成”の読み方と例文
読み方割合
いっきかせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この歌万葉時代に流行せる一気呵成の調にて少しも野卑なるところはなく字句もしまり居り候えども、全体の上より見れば上三句は贅物に属し候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
まず以上で花と実との概説えた。これは一気呵成にまかせて書いたものであるから、まずい点もそこここにあるであろうことを恐縮している。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
それで語学も数学もその修得は一気呵成にはできない。平たくいえば、飽きずに急がずに長く時間をかける事が、少なくとも「必要条件」の一つである。
数学と語学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)