“マント”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:まんと
語句割合
外套75.0%
円套25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その夕暮ゆふぐれであつたか、小六ころくまたさむ身體からだ外套マントくるんでつたが
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
宗助は清に命じた通りを、小六に繰り返して、早くしてくれとき立てた。小六は外套マントがずに、すぐ玄関へ取って返した。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
可哀そうなセニョルは、毎晩毎晩CAPAと称する黒い円套マント——裏にって、赤と緑のだんだんの天鵞絨びろうどなんかを付けてつうがってる——そいつをすこし裏の見えるように引っかけ
男の円套マントと原始的な女装の点綴。