“円套”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
マント100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円套”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
可哀そうなセニョルは、毎晩毎晩CAPAと称する黒い円套マント――裏にって、赤と緑のだんだんの天鵞絨びろうどなんかを付けてつうがってる――そいつをすこし裏の見えるように引っかけ
男の円套マントと原始的な女装の点綴。