“ノリト”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:のりと
語句割合
祝詞50.0%
宣処12.5%
宣命6.3%
6.3%
神言6.3%
詔座6.3%
詔旨6.3%
詔門6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此二つの関係が、次第に忘れられ、祝詞ノリトが全体を掩ふ用語となり、よごとは、其一部分のものとなつて了つたのだ。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「夕日より朝日照るまで天つ祝詞ノリトの太のりとゴトをもてれ。かくのらば、……」——朝日の照るまで天つ祝詞の……と続くのでない。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
次に此「のりと」といふ語の語義は、昔から色々に解説せられてゐるが、のりととは、初春に当つて、天皇陛下が宣処ノリト即、高御座に登られて、予め祝福の詞を宣り給ふ、其場所のことである。
神道に現れた民族論理 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此のりを発する場所を「宣処ノリト」と云うた。
呪詞及び祝詞 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其が段々のりとの宣下せられるのに対して、奏上するものと考へられる様になつて来たのは、宮廷の大事なる受朝朝賀の初春の宣命ノリト奏寿ヨゴト——元日受朝の最大行事であつた事は後の令の規定にまで現れてゐる——の印象が、此を区別する習慣を作つて行つたものと思はれる。
「其音ノリトに似て、又歌声にワタる」と評した位だ。
上として諷誦の責任のあつた前代の奏寿其他の天子を対象とする呪言ヨゴト、氏人に神言ノリトなどは、新作を以てする様になつても、特別の心構へを以てせねばならなかつた。
即、「アマ詔座ノリト」と名づける神事の一様式を、天上にもあることを想像して居たのである。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
詔座ノリトにおける発言に慣用せられた詞章コトが、のりとごとであり、其名がくり返されて耳に馴れるに連れて、下部省略が行はれて、のりとと言ふ語形を採るやうになる。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
詔旨ノリト奏詞ヨゴトとの間に「護詞イハヒゴト」と言ふものがあつて、古詞章の一つとして行はれて居た。
詔旨ノリト寿詞ヨゴトとの間に、天神に仮託した他の神——とこよ神の変形。
風土記などにも夙く、出雲意宇オウ郡に詔門ノリト社の名が見えてゐる。