“ものぐさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
懶惰44.4%
物臭44.4%
物腥11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「旅をしないんなら、歳暮くれからお正月へかけて少し手伝って頂戴。いろんな用があるのに、横田があの通り懶惰ものぐさだから、私一人で困ってるのよ。」
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「嘘仰言い、懶惰ものぐさなあなたが!……それじゃ、やはりあのことで?」
野ざらし (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
それに、物臭ものぐさで、不精で、愚図で、内気で、どういう方面から考えても、泥棒のお先棒などには、まずもっとも不適当な人格キャラクテールである。
犂氏の友情 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
元来みさをは、物臭ものぐさな、だらしのない女で、よくよく汚くなるまで掃除をせずにいるので、掃除といえばいつも普通の家の大掃除のような騒ぎでした。
アパートの殺人 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
物腥ものぐさき西洋のちり此処ここまではとんで来ず、清浄しょうじょう潔白頼母敷たのもしき岐蘇路きそじ、日本国の古風残りて軒近く鳴く小鳥の声
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)