“ひとさし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
人指60.0%
一串10.0%
一差10.0%
人差10.0%
食指10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時の彼女の態度は、細い人指ひとさしゆびで火鉢の向側から自分のほっぺたでも突っつきそうにれ狎れしかった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それをね、けだるそうに、ふらふらとふって、片々かたかた人指ひとさしゆびで、こうね、左の耳を教えるでしょう。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
王九媽は單四嫂子のためにいろいろ指図をして、一串ひとさしの紙銭を焼き、また腰掛二つ、著物五枚を抵当かたにして銀二円借りて来て、世話人に出す御飯の支度をした。
明日 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「さらば愚僧が一差ひとさし舞うてごらんに供えようずるにて候」
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
すては黙って人差ひとさしゆびで、ボロきれをかむった死体をゆっくりと指さして見せた、すては声が出なかった。
螽の如く蹲んだ男は、平たい顔を俯向うつむけて、右手みぎ食指ひとさしで砂の上に字を書いて居る——「忠志ただし」と書いて居る。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)