“しよくし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
職司50.0%
食指50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の世に処する、必らず何事の職司を有せずんばあらず、或は命を官に受け、或はに民に就く。
主のつとめ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
食指に動くと云ふは彼等に適切である。食ひ終つた指は洗ふ代りに綺麗にめて仕舞ふ。贅沢連中は食後に青い椰子の実をいて核の中の水を吸ふ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)