“ひとくし”の漢字の書き方と例文
語句割合
一串100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——團子だんご一串ひとくし小指こゆびねて、くちびるてたのが、錦繪にしきゑいたがけの美人びじんにそつくりで
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
今までくしゃみこらえたように、むずむずと身震いを一つすると、固くなっていた卓子テエブルの前から、早くもがらりとたいを砕いて、飛上るようにと腰を軽く、突然いきなりひょいと隣のおでん屋へ入って、煮込を一串ひとくし引攫ひっさらう。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)