“ちようあい”の漢字の書き方と例文
語句割合
寵愛100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相澤半之丞、弓の折を取つて立上がると、三年越寵愛ちようあいした自分の妾の肉塊しゝむらを、ピシリ、ピシリと叩きます。
子爵ししやく寵愛ちようあいよりもふかく、兩親おやなきいもと大切たいせつかぎりなければ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)