“ちようあい”の漢字の書き方と例文
語句割合
寵愛100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殿様の寵愛ちようあいを奪はれたからといつて、相手に斬りつけたのは兄さんの間違ひではなかつたか。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
自分は王侯わうこう寵愛ちようあいに依ツて馬車に乗ツてゐるちんよりも、むしろ自由に野をのさばツて歩くむくいぬになりたい。自分は自分の力によツて自分の存立を保證する。自體自分には親が無い。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
子爵ししやく寵愛ちようあいよりもふかく、兩親おやなきいもと大切たいせつかぎりなければ、きがうへにもきをらみて、何某家なにがしけ奧方おくがたともをつけぬ十六の春風はるかぜ無慘むざん玉簾たますだれふきとほして此初櫻このはつざくらちりかヽりしそで
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
父母は姫君を寵愛ちようあいした。しかしやはり昔風に、進んでは誰にもめあはせなかつた。誰か云ひ寄る人があればと、心待ちに待つばかりだつた。姫君も父母の教へ通り、つつましい朝夕を送つてゐた。
六の宮の姫君 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
文藏と呼て夫婦の寵愛ちようあいいふばかりなくてふよ花よとそだてけるにはや文藏も三歳になりしころ父の文右衞門不※ふとかぜの心地にて打臥うちふしけるが次第に病氣差重さしおも種々いろ/\養生やうじやう
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)