“そのたびごと”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ソノタビゴト
語句割合
其度毎100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其度毎そのたびごとに渦を巻いたり白い泡を立てたりして、矢のようにはしる川がちょいちょい脚の下にのぞまれる。
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
何處いづこよりともなく我が耳にひゞきて、其度毎そのたびごとに總身宛然さながら水をびし如く、心も體もこほらんばかり
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)