“劣悪”の読み方と例文
旧字:劣惡
読み方(ふりがな)割合
れつあく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“劣悪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其度毎そのたびごとに種苗店の不徳義、種子の劣悪れつあくののしるが、春秋の季節になると、また目録をくって注文をはじめる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
だが、権威ある送信局から出るものは、そんな劣悪れつあくなゆがみを持っていないと断定していいだろう。
霊魂第十号の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)