“じゅばん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ジュバン
語句割合
襦袢95.6%
繻絆2.7%
襦絆0.9%
繻袢0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
膝からともすれば襦袢がハミ出しますが、酣酔が水をブッかけられたようにめて、後から後から引っきりなしに身震いが襲います。
絽縮緬の羽織に絽の繻絆をつけ候。なかなか座附作者然としたる容子に候いし。大兄を訪う由申居候参りしや。暑気雨後に乗じ捲土重来の模様。小生の小説もいきれ可申か。草々。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
「よしわかった、こっちはいいから襦絆をひとぎして置いて呉れ」
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
夏向座敷へ出ます姿でも縮緬でも繻袢なしの素肌へ着まして、汗でビショになりますと、直ぐに脱ぎ、一度りでは着ないのが見えでございましたと申しますが
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
珊瑚は何かいいたそうにしながら何もいわないで、俯向いてり泣きをした。そのには色があってそれに白いが染まったのであった。
珊瑚 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)