“じふしごにん”の漢字の書き方と例文
語句割合
十四五人100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つい、十四五人の、十二三人婦人一家は、淺草からはれ、はれて、こゝにいたさうである。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ますよ、さあく/\。彌次舷端にしがみついてしやがむ。北八悠然とパイレートをくゆらす。乘合十四五人最後腕車せる。く、はツとふとくなる。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)