“しんしき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
新式50.0%
神識50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
軍艦にしても、あんなに船脚新式巡洋艦か、水雷驅逐艦はあるまい。』と二運轉手非番舵手水夫火夫船丁るまで、見合せつゝ口々いでる。
神識はなお屋中の人のごとし。人すでに出でてくに、房屋を顧みず。神識すでに出でて、幻身を顧みず。晦庵がいわゆる形すでに朽滅して、神また飄散す。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)