“しろかき”の漢字の書き方と例文
語句割合
代掻100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
 水が来なくなって下田の代掻ができなくなってから今日で恰度十二日雨がらない。いったいそらがどうったのだろう。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
勘次百姓しいの五病氣つた。けた竹竿つてしながら、毎日だらけになつて代掻をした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)