“しゆ/″\さま/″\”の漢字の書き方と例文
語句割合
種々樣々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是等は皆現今用ゐらるるものの例なれど、古代に在ても地方に由り人種に由つては種々樣々なる住居有りし事疑ふべからず。コロボックルは如何なる種類の住居をせしや。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
文句色々へて、く、く、り、はふざけ、種々樣々いてやつた。中途たれては降伏するだから、持藥のつもりで毎日いた。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)