“しゆんくわう”の漢字の書き方と例文
語句割合
春光100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其身が世の名利はらねばなり、此日るものしく、人の有難ひしは、朝の心の快濶なりしうつりか、飛々隅田春光今日し。
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
さくら咲きに咲きたり諸立ちの棕梠春光にかがやくかたへ
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)