“しめごろも”の漢字の書き方と例文
語句割合
染衣100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卑弥呼は薄桃色の染衣に身を包んで、やがて彼女の良人となるべき卑狗大兄と向い合いながら、鹿の毛皮の上で管玉と勾玉とをけていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
木がに 染衣
彼女は、長羅を身辺に引き寄せる手段として、の上から人目を奪う染衣っていた。一団の殿には背に投げ槍と食糧とをいつけられた数十疋の野牛の群がった。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
大兄の哄笑忍竹を連ねた瑞籬の横で起ると、夕闇の微風に揺れているの傍まで続いていった。卑弥呼は染衣みながら、遠く松の茂みの中へ消えて行く大兄の姿を見詰めていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)