“しかめつら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
顰面42.9%
渋面28.6%
蹙面14.3%
顰縮面14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しよつちう顰面しかめつらを向け合はしてゐるなんて、気の利かない話ぢやありませんかね。汚い冗談をずけ/\言ふ奴ほど腹は綺麗かも知れませんね。ほんとですよ。
(新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
「ありゃあ、二葉の里で、毎日二つずつ大きな饅頭まんじゅうを食べてんだそうな」……夕刻、事務室のラジオは京浜地区にB29五百機来襲を報じていた。顰面しかめつらしていていた三津井老人は、
壊滅の序曲 (新字新仮名) / 原民喜(著)
だれにも見られっこはないと安心していたので、顔じゅうで種々な渋面しかめつらをした。
そういって渋面しかめつらをして、口をゆがめてすすり込むような音を立てていた。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
敬太郎は見ないふりをしてわざと自分を見ているような、また耳だけに気を取られているような、田口の蹙面しかめつらを薄気味悪く感じた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ロレ 灰色目はひいろめあした顰縮面しかめつらよるむかうてめば、光明ひかりしま東方とうばうくもいろどり、げかゝるやみは、かみまへに、さながら醉人ゑひどれのやうに蹣跚よろめく。