“さんぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サンブ
語句割合
三分64.3%
三歩14.3%
山武14.3%
三武7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
洋燈ランプもやっと三分さんぶしん黒燻くろくすぶりの影に、よぼよぼしたばあさんが、頭からやがてひざの上まで
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは、たしかに、盗人の三分さんぶの理にも似ているが、しかし、私の胸の奥の白絹に、何やらこまかい文字が一ぱいに書かれている。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
そのとき酒をもって行たりさかなを持て行たりして、何でも金にして三歩さんぶばかり取られたと思う。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
第五 坐時すわりてをる起時たちてをる平均みならして、七歩しちぶ三歩さんぶすわくらゐにして、すわるにのみすごからざること
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
上総山武さんぶ郡二川村大字殿部田とのべた稲荷塚とうかんびょう
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
上総山武さんぶ郡日向村大字木原字中峠なかびょ
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
天和の頃、綱吉が武家法度はっと十五ヶ条で大名旗本が遊里に入ることを禁じてから、吉原で大名の姿を見かけたのは、五十年以来のことだったばかりでなく、取巻きの原武太夫以下、はらやの小八こはち、湯屋の五平、ねずの三武さんぶという連中の扮装ふんそうものだったので、いっそう評判になった。
鈴木主水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)