“ごふん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
胡粉93.8%
五分4.1%
胡紛1.0%
蛤粉1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして宗達が風神雷神を画いたとき、風神の体躯たいくの色を暗緑に塗つたかとおもふと、雷神の方を白い胡粉ごふんで塗つて居る。
雷談義 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
泥色どろいろをした浅草紙を型にたたきつけ布海苔ふのりで堅めた表面へ胡粉ごふんを塗り絵の具をつけた至って粗末な仮面である。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ほとんど、五分ごふん六分ろつぷんきに搖返ゆりかへ地震ぢしんおそれ、また
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
五分ごふんばかりは無事であったが、しばらくすると、いつのにやら、黒い眼はページを離れて、筋違すじかい日脚ひあしの伸びた障子しょうじさんを見詰めている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
わかき小指をゆび胡紛ごふんをとくにまどひあり夕ぐれ寒き木蓮の花
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
たにの水が委蛇いいと流れたところに、村落や小橋しょうきょうが散在している、——その上に起した主峯の腹には、ゆうゆうとした秋の雲が、蛤粉ごふんの濃淡を重ねています。
秋山図 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)