“くじら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.4%
海鯨1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏山 夏野 夏木立 青嵐 五月雨 雲の峰 秋風 野分 霧 稲妻  星月夜 刈田  冬枯 冬木立 枯野 雪 時雨 
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
無事であつてよりじや。そのきなとは、ぢやつた。おそろしいこと、おそろしいこと、いただけでもとする」
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
その義ならば鳴るやうに撞けとて、鐘木を大きに拵へて、二、三十人立ち掛りて、れよとぞ撞きたりける、その時この鐘、海鯨ゆる声を出して、三井寺へかふとぞ鳴いたりける