“きせつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
季節88.7%
期節7.5%
覊絏1.9%
鬼刹1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまどき、めずらしいである。こんな冬の季節に、しかもこんなへんぴな土地に、商人だってめったにきたことはないのだ。
たとえば期節の十月と十一月との差こそはあれ、稲はかの殷周文化の中心地帯において、やや少量ながらくまた必ず栽培せられた穀物であった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
沈んだと女が云う。ヴェニスを去る女の心は空行く風のごとく自由である。されど隠れたるヴェニスは、再び帰らねばならぬ女の心に覊絏の苦しみを与う。男と女は暗き湾のに眼を注ぐ。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
巴豆といひ附子といふも皆是薬、障礙悪神毘那耶迦も本地は毘盧沙那如来、此故に耆婆を開けば尽大地の草木、保命の霊薬ならぬも無く、仏陀教を垂るれば遍虚空鬼刹
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)