“かほぢう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
顏中50.0%
顔中50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顏中かほぢうをのこらずはなにして、まぶしさうにしかめて、「今朝けさツからんでますわ。」とつた。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
眼鏡めがねをはづしたうへ帽子ばうしがかぶさつて、えなくなつたんだからおどろいた、顔中かほぢう帽子ばうしたゞくちばかりが、そのくちあかくあけて、あはてゝ、かほをふりあげて、帽子ばうしりあげやうとしたから蝙蝠傘かうもりがさがばツたりちた。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)